栃木県は13日、芳賀町の養鶏場で死んだ鶏が複数見つかり、遺伝子検査で高病原性の鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。同日夜、福田富一知事が記者会見して明らかにした。

 県によると、確認されたのは約7万7千羽を飼育している養鶏場。13日午前、死ぬ鳥が増えていると連絡があった。県が立ち入り検査をし、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性を確認し、遺伝子検査を行った。

 県は、農林水産省と意見交換しながら、防疫措置を行う。