西武は山川が満塁本塁打。内寄りの球をさばき、左中間席に放り込んだ。先発陣の一角を担う浜屋は制球を乱しても、5回2失点。阪神は近本がオープン戦初本塁打を含む2安打。好投していた青柳は六回に四球から崩れ、痛打された。