日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国は12日夜、初めての首脳会合をテレビ会議方式で開催した。バイデン米大統領は新型コロナウイルスワクチンの生産拡大を加速させるための連携を表明。発展途上国への支援で協力する。「自由で開かれたインド太平洋」構想を推進し、法の支配に基づく海洋秩序維持での連携も確認。軍事や経済で影響力を増し、ワクチン外交も展開する中国を念頭に置いた。菅義偉首相は東・南シナ海情勢を踏まえ中国の海洋進出を批判した。

 4カ国は年内に首脳会談を対面形式で行うことも申し合わせた。

 バイデン氏は、ワクチン生産拡大で「野心的な連携」を始めると語った。