宮内庁は12日、秋篠宮家の長男悠仁さま=お茶の水女子大付属中2年=が夏休みの課題として書いた作文が、北九州市主催の「第12回子どもノンフィクション文学賞」の中学生の部で佳作に選ばれたと発表した。悠仁さまは20日に開催されるオンライン表彰式にも出席する予定。

 宮内庁によると、悠仁さまは小学5年だった2017年に紀子さまと小笠原諸島に旅行。「小笠原諸島を訪ねて」と題して、その時の思い出や、旅行後も島の住人と交流したことを400字詰めの原稿用紙19枚にわたって記した。

 悠仁さまは19年10月にも、作文「トンボと私」が、別のコンクールで佳作となり、表彰を受けた。