名古屋出入国在留管理局(名古屋市)に収容され、体調不良を訴えていた30代のスリランカ人女性が6日に死亡、上川陽子法相が事実関係の調査を指示した。管理局は「医師の指示に従って対処していた」とするが、女性を支援していた団体は「入院や点滴処置をすべきだった」と訴え、真相究明を求めている。

 団体は、外国人労働者や難民を支える「START(スタート)」(同市)。松井保憲顧問によると、女性は不法滞在で、昨年8月20日から管理局の施設に収容されていた。支援していた別の収容者から女性を紹介され、松井氏は同12月以降面会を重ね、「仮放免」の申請を手伝っていた。