赤羽一嘉国土交通相は12日の記者会見で、総務省などの接待問題に関連し「国民の皆さまが疑念を抱くような会食、会合など、私が大臣規範に抵触するようなことをしたことはない」と述べた。国交省の全職員に対し、国家公務員倫理規程の順守を徹底するよう求めたことも明らかにした。

 赤羽氏は「国交省は所管が広いので、襟を正して疑念を持たれることがないよう、きっちりやっていきたい」と強調した。