日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は9日、東京都内で定例記者会見を開き、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長による女性蔑視発言後に大会ボランティア約390人が辞退した問題に危機感を示した。自民党の二階俊博幹事長が「辞めたいなら新たに募集する」などと発言したことが波紋を広げている状況には「(辞退は)瞬間的なものととらえていないし、とらえてはいけない」との見解を述べた。

 森会長の発言については「いかなる種類の差別も認めないというオリンピズムの根本精神に反するもので、極めて不適切だった」と従来の考えを強調した。