静岡県の川勝平太知事は9日の記者会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の発言について「女性蔑視をする人ではない。不適切だったとして発言を撤回、謝罪もした」と述べ、森氏を擁護した。

 川勝知事は、森氏と20年ほどの付き合いがあるとして「ちょっとしたユーモアのつもりで言葉が過ぎるのが欠点だ」と強調。一方で森氏の発言への批判には「誹謗中傷に近いような言動も見られる」と指摘した。

 また、女性蔑視する人とのレッテルが森氏に貼られていると主張し、組織委会長の辞任要求が出ていることに関して「レッテルがこうした行動を生んでいるのは残念だ」とも述べた。