阪神の糸原が初の対外試合となる日本ハムとの練習試合で、2打数2安打2打点と好発進した。一回は中前、三回は右前に適時打。ともに初球の速球をきれいにはじき返し「受け身にならずに仕掛けていこうと思っていた。一発で仕留められたのはとても良かった」と声が弾んだ。

 若手が多い内野手の中、打撃の堅実性は頼もしい。守備でも連日、川相臨時コーチの指導の下、足の運びなど基本から見直している。充実のキャンプに「守備も打撃も内容がいい」と手応えを口にした。(宜野座)