衆院比例代表九州ブロックの選挙会は9日、公明党の遠山清彦氏の議員辞職に伴う欠員補充で、2017年衆院選の公明党名簿で次点だった元衆院議員吉田宣弘氏の繰り上げ当選を決めた。吉田氏は務めていた福岡県議を9日付で辞職した。

 公明党の山口那津男代表は記者会見で、吉田氏について「即戦力として国民の信頼をつくり上げ、国会議員としての責務を果たしてほしい」と述べた。

 遠山氏は新型コロナウイルス緊急事態宣言中に東京・銀座のクラブを訪問したことが問題視され、辞職した。