熊本県は9日、県のPRキャラクター「くまモン」を利用した商品の2020年の売上高が1698億円に上ったと発表した。前年比119億円増で、11年の調査開始から9年連続で過去最高を更新した。農林水産物・食品の関連商品の販売が好調だった。

 県によると、内訳は国内が1634億円、海外が64億円。新型コロナウイルス禍でマスクやフェースガードといった商品が増えたことも売り上げアップにつながったという。11年からの累計額は9891億円に達した。

 蒲島郁夫知事は「目標の1兆円まであと少し。商品購入を通じて熊本県を応援してくれる皆さんに感謝したい」と述べた。