【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBAは8日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁は敵地シカゴでのブルズ戦に先発出場して36分19秒プレーし、19得点、10リバウンドをマークした。2部門で2桁の数字を記録する「ダブルダブル」は今季初。チームは105―101で勝って6勝15敗。

 ラプターズの渡辺雄太は敵地でのグリズリーズ戦に途中出場し、16分9秒プレーして無得点だったが、7リバウンドを奪った。チームは128―113で勝ち、11勝13敗とした。