田村憲久厚生労働相は9日の衆院予算委員会で、国内で近く接種が始まる見込みの米ファイザーの新型コロナウイルスワクチンについて、1瓶当たりで打てる注射の回数が減る可能性に言及した。政府は6回を前提に7200万人分を確保したと説明しているが、6回分取れる特殊な注射器が現時点で十分に確保できていないため。「医療機器メーカーに増産をお願いしている」と述べ、地方自治体向けの手引は5回に減らして案内すると説明した。

 公明党の大口善徳氏は、1瓶当たり5回を前提にすると6千万人分に減ると指摘した。田村氏は「早急に手引を出して示したい」と述べた。