【ジュネーブ共同】英製薬大手アストラゼネカ製の新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、世界保健機関(WHO)などは8日、変異株への効果が一部で疑問視されているものの、重症化や死亡例を防ぐとの結果が出ているとして、接種継続を呼び掛ける声明を出した。ただし臨床試験では変異株が対象にはならなかったとしている。

 南アフリカは8日までに、同国で流行する変異株に対し、アストラゼネカ製ワクチンの効果に疑義が生じたとして、開始予定だった接種を見合わせると発表。WHOは「変異株による重症例を、どれだけ予防できるかが、死活的に重要だ」と指摘した。