【ベルリン共同】ドイツ、スウェーデン、ポーランドの外務省は8日、それぞれ自国に駐在するロシア外交官1人の国外追放を決めたと発表した。ロシア外務省は5日、同国で反体制派ナワリヌイ氏の釈放を求める抗議デモに参加したとして、ドイツなど3カ国の外交官追放を決定。今回はそれに対する報復措置で、3カ国は一斉にロシアを非難した。

 欧州連合(EU)もナワリヌイ氏の逮捕や支持者拘束などロシアの強権政治への批判を強めており、ロシア側との関係悪化は避けられない情勢となっている。今後、ロシアへの追加制裁の是非を協議するとみられる。