東京五輪・パラリンピック組織委員会は8日、森喜朗会長の女性蔑視発言後の5日間で、大会ボランティア約390人が辞退したと明らかにした。森会長が女性理事に関する不適切な発言について謝罪した4日以降に辞退した人の数を、理由とは関係なく集計した。大会ボランティアは約8万人を予定している。問題の影響が開催準備にも及んでいる現状が浮かび上がった。

 森会長の発言を理由に五輪聖火リレーのランナーを辞退した人は2人だった。組織委のコールセンターには5日間で、電話で約350件、メールで約4200件の問い合わせがあった。