ソフトバンクグループ(SBG)が8日発表した2020年4~12月期連結決算は、純利益が前年同期の約6・4倍に上る3兆551億円で、4~12月期として過去最高だった。世界的な株価上昇を追い風に、米携帯電話大手TモバイルUSの株式売却などで多額の投資利益が出た。野村証券によると、純利益の水準は通期決算を含めて国内企業で過去最高になったという。

 売上高は前年同期比6・1%増の4兆1380億円。傘下のソフトバンクで法人向けのテレワーク関連事業が好調で業績を押し上げた。

 孫正義会長兼社長は「この程度で満足するつもりはない」と述べ、一段の業績拡大に意欲を示した。