女子ゴルフの畑岡奈紗が8日、成田空港から主戦場の米国に向けて出発した。22歳で迎える米ツアー5シーズン目へ「最低限でも1勝はしたい。できれば複数回」とマネジメント会社を通じて抱負を述べた。初戦はフロリダ州で、昨年2位に入った25~28日のゲインブリッジLPGA。

 年末年始は帰国後の隔離期間となり、初打ちは1月6日。同下旬の開幕戦は出場を回避して調整を優先し「いい感覚を取り戻してきている」という。メジャーで上位に入ったものの勝利はなかった昨年を「収穫は感じることができなかった」と表現し、今年の狙いについて「パットを入れていきたい」と話した。