加藤勝信官房長官は8日の記者会見で、中国が海警局に武器使用を認める海警法施行後、同局の船が沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に相次いで侵入したことを非難した。「誠に遺憾で、断じて容認できるものではない」と述べた。

 現場海域で海上保安庁が退去要求を繰り返したほか、外交ルートで抗議したと説明。「尖閣諸島周辺の警戒監視に万全を期し、中国側に冷静かつ毅然と対応していく」と強調した。