財務省が8日発表した2020年の国際収支速報によると、訪日客の消費から日本人が海外で使ったお金を引いた旅行収支の黒字は5621億円で、前年比79・2%減だった。新型コロナウイルスの感染拡大による訪日旅行客数の低迷が影響した。海外との取引状況の全体を示す経常収支の黒字は13・8%減の17兆6976億円で、2年ぶりに減少した。

 政府は訪日客の増加を成長戦略の柱としているが、新型コロナの影響の大きさが改めて浮き彫りとなった。旅行に貨物輸送を加えたサービス収支は3兆5362億円の赤字だった。赤字は2年ぶり。