【アテネ共同】サッカーのギリシャ1部リーグで7日、PAOKの香川真司はホームのアポロン・ズミルニ戦で1―1の後半17分から出場し、リーグ戦デビューを果たした。前線でボールに触れる機会は多く、チャンスメークはしたものの得点には絡めなかった。試合は2―2で引き分けた。

 1月に加入した香川は3日に行われたカップ戦で公式戦初出場した。