【武漢共同】新型コロナウイルス感染症への警告をいち早く発し「デマを流した」として処分された中国湖北省武漢市の李文亮医師=当時(34)=が自身もコロナに感染して亡くなってから7日で1年。当局は李医師を英雄視する市民の追悼行動が政府批判につながることを警戒し、献花や墓参を規制する厳戒態勢を取った。会員制交流サイト(SNS)には李医師をしのぶ投稿があふれた。

 勤務先だった「武漢市中心医院」前の広場は、柵が立てられ出入りが規制された。死の直後に多くの市民が訪れ花束を供えた場所だが、7日は献花台も設置されなかった。広場で大規模な集会になるのを警戒したもようだ。