男子テニスツアーの団体戦、ATPカップは6日、メルボルンで行われ、1次リーグD組の日本は、シングルスの西岡良仁と錦織圭が連敗してアルゼンチンに敗れ、通算2敗で同組最下位が決まった。

 世界ランキング57位の西岡は44位のギド・ペラに3―6、6―7でストレート負け。41位の錦織は9位のディエゴ・シュワルツマンに1―6、7―6、0―6で屈した。

 新型コロナウイルスの影響で4日から延期されたカードで、錦織らにとっては全豪オープン(8日開幕)に向けた最後の実戦となった。

 準決勝はロシアがドイツ、イタリアがスペインをそれぞれ下し、決勝に進んだ。(共同)