将棋の渡辺明棋王(36)に糸谷哲郎八段(32)が挑戦する第46期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第1局は6日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、午後6時53分、128手で後手の糸谷八段が先勝した。

 糸谷八段は初獲得を狙い、渡辺棋王は9連覇を目指す。

 戦型は糸谷八段が雁木を選択。優劣不明の戦いとなり、最後は難解な終盤戦を制した。

 持ち時間各4時間のうち、残りは渡辺棋王1分、糸谷八段8分。

 第1局は当初、宇都宮市で7日に指される予定だったが、コロナ禍の影響で変更された。

 第2局は20日、金沢市の北國新聞会館で行われる。