【ジュネーブ、ワシントン共同】米通商代表部(USTR)は5日、世界貿易機関(WTO)の事務局長選で多数の支持を受けたナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相を「バイデン政権が強く支持する」と表明した。女性初のWTO事務局長が誕生することが確実となった。

 トランプ前政権が推していた韓国産業通商資源省の兪明希通商交渉本部長が5日に撤退表明したことを受けた。事務局長は正式にはWTO一般理事会で承認される必要がある。

 USTRはオコンジョイウェアラ氏に関し、財務相や世界銀行での経歴を挙げ「経済と外交で豊富な知識を持ち、指導力もある」と評価した。