【ニューヨーク共同】米メディアによると、ミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」のトラップ大佐役で知られるカナダ生まれのアカデミー賞俳優クリストファー・プラマーさんが5日、米東部コネティカット州ウェストンの自宅で死去した。91歳だった。妻の俳優エレイン・テイラーさんは、転倒に伴う頭部への打撲が死因だと語った。

 1929年12月、カナダ東部トロント生まれ。50年代にブロードウェー・デビューを果たし、ジュリー・アンドリュースさんと共演した「サウンド・オブ・ミュージック」(65年)のトラップ大佐役で広く知られるようになった。

 晩年まで活躍した。