東京パラリンピック開幕まで200日となった5日、競泳男子のエースで東京パラの代表に内定している木村敬一(東京ガス)がオンラインでの取材に応じ「僕たち選手が開催を信じなければ、それ以上に信じる人はいない」と新型コロナウイルス禍で開催への懐疑論が広がる大会の実現を熱望した。

 木村はこの日、WOWOWが制作するパラ選手を対象としたドキュメンタリー番組「WHO I AM」のPRイベントに参加し、パラスポーツの魅力などをアピール。「自国での大会に選手として関われるのは、これ以上ない喜び。金メダルを取って、最高の舞台に花を添えたい」と意気込みを語った。