【ベルリン共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は5日、オーストリアのヒンツェンバッハで個人第5戦(ヒルサイズ=HS90メートル)が行われ、予選を1位で通過した高梨沙羅(クラレ)は1回目に91・5メートルを飛んでトップの得点を出したが、飛躍後にスーツの規定違反で失格となった。伊藤有希(土屋ホーム)も予選で同じ理由で失格。

 ニカ・クリジュナル(スロベニア)が89メートル、90・5メートルの合計237・4点でW杯初優勝した。丸山希(明大)は14位、勢藤優花(北海道ハイテクAC)は21位。岩渕香里(北野建設)は2回目に進めず31位だった。