【香港共同】香港メディアによると、昨年12月、新型コロナウイルス感染により入院していた病院から逃げ出したとして、無職の男性(63)が5日、他人を感染の危険にさらした罪で禁錮4月の実刑判決を裁判所に宣告された。

 男性は昨年12月18日に病院から抜け出し、警察が指名手配して追跡、同20日に拘束された。この間、路上で寝起きしていたという。

 香港では感染症対策のための法律に、こうした罪が規定されており、昨年の法改正で新型コロナも対象に加えられた。