NHKは5日、報道局総務部の元職員の男性(30)が在職中の昨年9~10月、無断でノートパソコンなどの物品計約530万円分を発注して受け取ったとして、懲戒免職相当にしたと発表した。元職員は昨年11月4日付で退職しているが、刑事告訴する方針という。

 NHKによると、元職員は、上司に無断で取引先3社にノートパソコンやハードディスクなど計35点を発注。調査に一切応じておらず、対応を警察に相談している。

 NHKは物品発注の手続きを厳格化し、取引先とのルールを確認・徹底して再発防止に努めるという。