全国にファンがいる日本酒「高清水」で知られる秋田酒類製造(秋田市)は、オンラインの酒蔵見学会を20日から3月21日まで開催する。参加料は千円で、お土産付き。新型コロナウイルス感染拡大で、5千人以上が酒蔵を訪れる例年通りの見学会は困難と判断した。

 「酒蔵開放」と名付けた見学会は、同社のショッピングサイトで参加料を支払うと、動画投稿サイト「ユーチューブ」で酒造りの工程が見られる。720ミリリットル入りの試飲用の日本酒「新酒初しぼり」と、1キロの酒かすなどのお土産も届く。5日から参加受け付けを始めた。

 同社の担当者は「遠方の人も参加できる」と話している。