東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の発言が女性蔑視と批判されている問題について、橋本聖子五輪相は国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と4日夜に電話で会談したことを明らかにした。5日の閣議後の記者会見で説明した。

 会談では、バッハ氏から「引き続き政府として東京大会の成功に向けて努力してほしい」との言葉があり、橋本氏は「しっかりと全力を尽くしてやっていく」と応じた。橋本氏は森氏に対し「同じことを繰り返さないよう、引き続きしっかり対応してほしい」と改めて注意を促した。