大相撲の時津風親方(元幕内時津海)が1月の初場所中にマージャン店へ行くなど日本相撲協会の新型コロナウイルス感染対策のガイドラインに違反した問題で、協会コンプライアンス委員会(青沼隆之委員長=元名古屋高検検事長)の調査が3日に始まり、同親方夫人の聞き取りが実施された。場所中の親方の外出行動に対する事実確認とみられる。

 親方夫人の聞き取り調査は東京都内で行われ、2時間程度に及んだ。青沼委員長は「何も話せることはありません」にとどめた。時津風親方の聴取は後日実施される。

 委員会は調査終了後、処分意見を八角理事長に答申、2月予定の臨時理事会で処分が最終決定する。