楽天のドラフト1位ルーキー、早川(早大)が2日続けて投球練習した。ツーシーム以外の変化球を解禁して61球。落差のあるチェンジアップに手応えを感じた一方で、カットボールは課題に挙げ「真っすぐに、より近い軌道をさせるのがポイント。修正していって、実戦に近づいていければ」と話した。

 日本代表の稲葉監督は早川が投球練習を終えた後に視察に訪れた。石井監督から「いい球を投げますよ」と太鼓判を押されたそうで「左投手がジャパンには少ないので、ああいう選手が出るのは良い」と期待した。(金武)