男子テニスのツアー団体戦、ATPカップは3日、メルボルンで行われ、1次リーグD組の日本は初戦でロシアに敗れ、各組1位の準決勝進出を逃した。シングルスで昨年9月末の右肩故障から復帰戦となった錦織圭(日清食品)と西岡良仁(ミキハウス)がともに屈した。ロシアが2連勝となってD組1位を決め、4強入りを果たした。

 第1試合で世界ランキング57位の西岡が8位のアンドレイ・ルブレフに1―6、3―6で完敗。第2試合で41位の錦織が4位のダニル・メドベージェフに2―6、4―6でストレート負けした。ダブルスで西岡、マクラクラン勉(イカイ)組は勝った。