儒教の祖、孔子を祭る「孔子廟」のために那覇市が公園内の土地を無償提供したことが、憲法の政教分離の原則に違反するかどうかが争われた住民訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は24日、「市が特定の宗教を援助していると評価されてもやむを得ない」として違憲と判断した。

 政教分離を巡る最高裁の違憲判決は、1997年の愛媛玉串料訴訟、2010年の空知太神社訴訟に続き3例目で、孔子廟に関する最高裁判決は初めて。最高裁は建物を所有する一般社団法人の上告を棄却し、使用料の全額免除は違法と結論付けた。