【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は22日、新型コロナウイルスのワクチンを接種した際の副反応で深刻な事態が生じた際に、補償を行う制度を設けたと発表した。ワクチンを共同出資・購入する国際枠組み「COVAX(コバックス)」で無償提供する発展途上国の92カ国・地域が対象で、補償制度を充実させることで接種の促進を目指す。

 WHOは保険会社のチャブと契約。深刻な副反応が出た際は、専用のウェブサイトから申請でき、時間や費用がかかる訴訟手続きなどは不要になるとしている。対象期間は来年6月30日まで。