化学メーカーのタイカ(東京)は22日、スポンサーを務めるJ1清水エスパルスのユニホームに、カンボジアの観光業界を応援するメッセージを入れることになったと発表した。カンボジアで工場を運営しており、新型コロナウイルスの感染拡大で苦しむ現地の事業者を支援するのが狙いだ。

 ユニホームのズボンに観光振興のロゴ「カンボジア・キングダム・オブ・ワンダー(不思議のカンボジア王国)」を入れる。Jリーグによるとユニホームに他国の国名が掲載されるのは初めてという。

 カンボジアのウン・ラチャナ駐日大使は22日の記者会見で「多くの人にカンボジアを知ってもらえる」と期待感を示した。