東京都は22日、新型コロナウイルスの感染者が新たに178人報告されたと発表した。100人台は昨年11月24日以来、約3カ月ぶりの水準。入院患者は前日から44人減の1991人となり、昨年12月17日以来で2千人を下回った。うち重症者は6人減の76人。70~90代の男女9人の死亡が判明し、死者の累計は1274人となった。

 都の担当者は、新規感染者が全体的に減少傾向ながら、20代と30代の若年層では増加が見られるとして「暖かくなって活動が活発になると感染が広がる可能性がある。まだ注意して行動してほしい」としている。