【テンピ(米アリゾナ州)共同】米大リーグのキャンプは21日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアリゾナ州テンピで2度目のブルペンに入り、全球種を確認しながら39球を投げた。ツインズの前田は33球を投げ込んだ。パドレスのダルビッシュ、レンジャーズの有原も投球練習を行った。

 マリナーズの菊池は守備練習などで汗を流した。ジャイアンツとマイナー契約の山口はメジャーキャンプに招待選手として合流し、キャッチボールなどをこなした。

 レッズの秋山は22日の初日に向け、フリー打撃で調整。23日から始まるレイズの筒香はキャンプ地に入った。