【ウィーン共同】イラン核合意の検証に当たる国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は21日、イランが通告通り23日に抜き打ち査察の受け入れを停止した後も、最大3カ月間は必要な確認作業を続けられる取り決めをイランと結んだと話した。イランの核開発の全容を十分に監視することが難しくなる懸念が強まっていたが、一定程度の検証作業を継続できる見通しを示した。

 一方、イラン原子力庁は未申告施設の抜き打ち査察を認める「追加議定書」の履行は事前の通告通り23日から停止すると説明。IAEAとの保障措置協定はこれまで通り守るとしている。