新型コロナウイルスのワクチンを優先接種できるとかたり、金銭を要求する詐欺電話や不審なメールが相次いでいる。海外では偽ワクチン密売事件も発生。医療従事者らへの先行接種が広がる中、ワクチンを巡る犯罪が国内でも本格化する恐れがあり、警察当局は警戒を強めている。

 「優先接種のために予約金10万円を振り込んで」。東京都内では今年1月以降、優先接種をかたる詐欺電話13件が確認された。警視庁犯罪抑止対策本部によると、80代の高齢者宅が大半で、保健所職員らを装っていたという。 いずれも不審に感じて被害はなかった。