バレーボールのVリーグ女子プレーオフ決勝は21日、東京・大田区総合体育館で行われ、レギュラーシーズン2位のJTが、同1位の東レに3―1で逆転勝ちし、2季連続3度目の優勝を果たした。

 JTは第1セットを23―25で失ったが、第2セットでブロックが効果的に決まり25―21で奪い返した。続く2セットをドルーズらの強打で押し切り、25―21、25―20でものにした。

 3位決定戦は、NECがデンソーを3―1で下した。