【ロサンゼルス共同】バイデン米大統領は、米南部などを襲った強い寒波に伴うテキサス州の被害を、大規模災害と宣言した。ホワイトハウスが20日、発表した。連邦政府による緊急支援が可能となる。AP通信によると、寒波に関連する死者は同州や南部テネシー、ケンタッキー、西部オレゴン各州などで計70人以上となった。

 20日は南部で厳しい寒さが和らいだが、水不足など生活インフラへの影響は続いており、停電も同日現在、テキサス、ルイジアナ、ミシシッピ各州を中心に計30万世帯以上に及んでいる。

 米紙NYタイムズによると、一連の寒波で国内の石油生産の3分の1が停止に追い込まれた。