【パシフィックパリセーズ(米カリフォルニア州)共同】米男子ゴルフのジェネシス招待は20日、カリフォルニア州パシフィックパリセーズのリビエラCC(パー71)で第3ラウンドが行われたが、強風で約4時間中断し、上位選手の多くが終えられなかった。

 首位から出たサム・バーンズ(米国)が13ホールを終えて通算10アンダーで暫定トップ。1ホールを残すマシュー・フィッツパトリック(英国)が2打差につけた。