【ベルリン共同】アルペンスキーの世界選手権は20日、イタリアのコルティナダンペッツォで女子回転が行われ、2018年平昌冬季五輪代表で24歳のエース安藤麻(日清医療食品)は合計タイム1分42秒92で10位に入った。全日本スキー連盟によると同種目で日本勢過去最高となる快挙。

 安藤は1回目に8位と好位置につけ、2回目も粘ってトップ10を確保した。世界選手権を兼ねていた1972年札幌冬季五輪の岡崎恵美子の13位を上回った。

 今大会のパラレルを制したカタリナ・リーンスベルガー(オーストリア)が合計1分39秒50で金メダルを獲得した。