【ヤンゴン共同】ミャンマーでクーデターを起こした国軍に抗議するデモが20日も各地に広がった。地元メディアによると、第2の都市マンダレーで治安部隊がデモ参加者に発砲し、2人が死亡した。一連のデモでの犠牲者は3人目となり、国軍への反発が一層強まることが予想される。

 マンダレーではこの日、造船所近くで抗議デモが行われていた。現場に到着した治安部隊を参加者らが取り囲むなどした後、治安部隊が発砲した。実弾を使用した可能性があるという。死亡した2人は男性で、1人は頭部、1人は胸を撃たれていた。ほかにも約20人が負傷した。