航空自衛隊は20日、米南部アラバマ州モントゴメリー空港付近で、現地時間19日午後5時ごろ(日本時間の20日午前8時ごろ)、20代の男性2等空尉が搭乗したT38練習機が墜落したと発表した。2尉と、同乗していた米空軍の教官がともに死亡した。着陸しようとした際、滑走路の手前約3キロの地点で事故が起きた。

 空自によると、2尉は航空教育集団(浜松市)に所属し、戦闘機パイロットの資格を得るために約2年前から留学中だった。米国留学中の空自隊員が墜落で死亡したケースは初めてとしている。

 練習機はミシシッピ州コロンバス基地の機体で、事故当時、どちらが操縦していたかは不明。