【パシフィックパリセーズ(米カリフォルニア州)共同】米男子ゴルフのジェネシス招待は19日、カリフォルニア州パシフィックパリセーズのリビエラCC(パー71)で第2ラウンドが行われ、47位で出た松山英樹は2バーディー、4ボギーの73と振るわず、通算2オーバー、144で予選通過に2打及ばなかった。昨年10月以来、今季2度目の予選落ち。

 サム・バーンズ(米国)が首位から66と伸ばし通算12アンダーでリードを5打に広げた。2位は世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米国)やホアキン・ニーマン(チリ)ら4人。