【ワシントン共同】バイデン米大統領は19日、中西部ミシガン州を訪れ、ファイザーの新型コロナウイルスワクチン製造拠点を視察した。視察後の演説で、就任後100日以内に1億回のワクチン接種を目指すとした目標を上回るペースで接種が進んでいると述べ、達成に自信を示した。

 最近の1日当たり接種回数について、170万回に達していると説明。ワクチンそのものへの懐疑的な見方が根強くあることを認めた上で「ワクチンは安全だ。自分や家族、コミュニティー、国のために接種してほしい」と訴えた。

 米疾病対策センター(CDC)によると、今月18日時点で約4100万人が接種を受けた。